次世代「恋活・婚活マッチングアプリ」3選 職業別・子連れ・うつ病の人向け

koikatsu-app

コロナ禍で、家でステイホームの日々。何もすることがない。外にも行けない。

本当に、暇くさい。

そんな中、多くの若者はマッチングアプリを利用し、新しい愛を見つけようと頑張っています。

今回、普通のマッチングアプリではなく、一風変わった恋活・恋愛・婚活アプリを3つ紹介します。

リリースされたばかりのものもあるので、質などはわかりませんが、ぜひこのコロナのステイホーム時間を活かして初めてみてはどうでしょうか?

では、1つずつ紹介させていただきます。

スポンサーリンク

職業で理想の相手を探せるマッチングアプリ「フェリ恋」

「フェリ恋」は、3月5日にフェリーチェよりリリースされたマッチングアプリ。

同社は、2018年に恋愛メディアを立ち上げ、大手企業のモテ度格付けしたコンテンツ『恋愛四季報』や、パーティーなどマッチングイベントを多く運営してきたという。

そして、今回の「フェリ恋」は、「恋愛四季報」の世界観を生かした恋活アプリだとしている。

felice
引用元:PR TIMES

フェリ恋では、男性が登録後に名刺をアップロードし、恋愛四季報に基づいた企業ランクが「神ランク、SSランク、Sランク、Aランク、Bランク」の5段階で付与される。

なお、従来アプリでは、士業や経営者などの年収高めの職業が優遇されてきたということだが、フェリ恋では会社員が優先的にマッチングしやすい点が特徴なんだそう。

このランクは一般女性ユーザーの口コミをもとに、年収や社員の性格、合コンの満足度という観点から「恋愛偏差値」を独自に算出するらしい。

面白いサービスですね。でも、職業で決めるのも、なんかあれですけど、使ってみる価値は大いにあるかもしれませんね。

このアプリ上で、女性が探して好みの異性を見つけて「いいね」ボタンを押したら、マッチング成立&メッセージ交換可能になります。

登録者を検索する時、年齢・居住地・職業・身長だけでなく、「企業ランク」「恋愛偏差値」といった項目でも絞り込めるらしいです。

おおーー!!なんと、利用料金は、女性無料らしいです!男性は、3,600円(1ヶ月)

スポンサーリンク

子供がいる人の恋活に特化したマッチングアプリ「ReRe」

引用元:ReRe

ReReは、なんと今日4月19日にリリースされたばかりの最新のマッチングアプリ。

しかも、同社調べによれば、日本初の「子供がいる人・子連れ」専門の恋愛マッチングアプリらしいですね。

つまり、「子供がいる人」または「子供がいる人との恋愛を希望する人」のための恋活アプリ。

下記の人のみ同サービスに登録できるらしい。

・シングルマザー
・シングルファザー
・子供がいるけど、同居はしていない人
・子供はいないが、子供がいる人との出会いを希望する人

ReReでは、会員同士がお互いの事情をよく知ってから出会えるよう「子供がいる人向けのプロフィール項目」が用意されている。

例えば以下のような項目。
・子供の年齢
・子供の性別
・子供の性格
・月々の養育費
・前の結婚生活、離婚で学んだこと などなど

デリケートな情報も、事前にわかるようにすることで、出会いのハードルを低くするなどの気遣いや工夫がなされてるらしいです。

ReReは21年8月31日までは無料で利用でき、21年8月31日以降は男性のみメッセージ送信を有料化予定としています。

こちらも良いサービスですね。確かに、お子さんがいらっしゃるシングルマザーやシングルファザーの方って、責任感も心も強い方が多いですもんね。

スポンサーリンク

うつ病の人のための婚活サイト「Sakurasunny」

こちらもリリースされたばかりの婚活サービス。しかも、こちらも同社調べで日本初とのことです。

Sakurasunny(サクラサニー)はうつ病だけでなく、過去に以下のような心の病にかかったことがあって、現在は症状が落ち着いている人向けに作られた恋活マッチングサービス。

・うつ病
・双極性障害(躁うつ病)
・統合失調症
・パニック症(パニック障害)
・社交不安障害
・強迫症(強迫性障害)
・摂食障害(過食症・拒食症)
・適応障害

なおこのサービスでは、パートナーに心の病にかかったことがある過去があっても気にしない健常者も利用できるとしています。

心の病になったことがある人は、一般的な婚活サービスでは登録・入会を断られたり、なかなかマッチングしないという現状があることから、今回のサービスを、そのような方々のためにリリースするに至ったとしています。

ぜひこちらも読んでみてくださいね

うつ・孤独な人こそ「オンライン英会話」始めてほしい理由6選 ボケ防止にも

以上3選。

ちょっと変わった恋活・婚活アプリでしたー

ここまでお読みいただき、皆様の貴重なお時間をありがとうございました。


ブログランキング参加してます。よろしければ応援のほど、お願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました