女子1人旅でもできる【東南アジアでの値切り方】 注意点「値切り後にナンパしてくる男」

haggling

こんにちは、まー子です。

東南アジアでは、「値切り交渉」が必須。

なぜなら、全員、値段を高めに言ってくるから。

特に、日本人だと分かれば、彼らは反射的に値段を高く言ってきます。

その中でも、やはり
日本人の女子はナメられてます

私は、値切り後にナンパまでされた。

妻子を持ってるパキスタン人に。。。

笑えない。。
超ドン引きした。

結果、その人からは2,000円値切ったけど。笑

今回は、女子でもできる
・「東南アジアでの値切り方」
・「注意すべき男」
を書きます。

ぜひ、旅の参考にしてくださいね♪

スポンサーリンク

日本人がぼったくられまくってる理由

日本人=お金持ち

この時代遅れの認識は、今でも東南アジアで根強く残ってます。

日本人=ぼったくりやすい

これも、事実。

彼らから見ると、私たち日本人は、
「ネギを背中に背負ったカモ」なのでしょう。

日本人=素直

そして、これは日本人の良い点だが、悪い点でもある。

値段が表示されてたら、そのまま購入する。

本当にその値段なのか、疑わない。
素直だから。

みなさん、東南アジアへ行くなら、全てを疑ってください。

人、物、金、サービス、食べ物、建物。。

私は、全てを疑ってます。笑

騙されて、騙す。

これもまた、「東南アジアの旅の醍醐味」ですけどね^^

自分が騙されるか、自分が騙すか。。

あなたは、どちら側になりたいですか?

正解はないけど、騙されるのも経験です^^

スポンサーリンク

値切りの仕方1「店主と仲良くなる」

私の場合、まずは、店主と仲良くなるようにします。

仲良くなるには、さすがに英語が必要

英語ができないなら、この「店主と仲良くなる」ステージは飛ばしてOK◎

次の「値切りの仕方2:芝居を打つ」ステージから進めてください。

店主と仲良くなれれば、あとはこっちのもの。

では、どうやって、店主と仲良くなるか?

愛嬌と世間話です。

愛嬌に関しては、やはり「女子の方が有利」。

私は、まず店に入って、じっくり時間をかけて、店内を回ります。

その間に「店主の顔つき」を確認。
(※ここ重要)

店主の顔つきで、
・「いっぱい値引きしてくれるか」
・「あまり値引きしてくれないか」
大まかに判断できます。

値引きしてくれやすい店主は、
「甘い顔」してます。

※「甘い顔した店主(男)」には、愛嬌が効果あり。

スポンサーリンク

 

<「甘い顔の店主(男)」の場合>

とにかく笑顔で接します。

愛嬌が重要。

商品のことを興味津々で聞いてあげて、店主に「どれが良い?」とアドバイスを求めましょう。

そうすると「甘い顔の店主」は、気分が上がり始める。

気持ちよく、アドバイスを話し始めます。

結果、大きな値引きをしてくれやすいです。

<「キリッと顔の店主(男)」の場合>

甘い顔じゃなく、キリッとしてるタイプの店主(男)は、あまり値引きしてくれません。

やはり、それだけ商売に責任感を持っているのでしょう。

だから、こちらがいくら笑顔で接しても無駄。

数字をだんだん下げて提案していきましょう。

最後、「お互い妥協できる値段」で買うのがベスト。

あまり安い値段を提案しすぎると、店主が「もういいです」みたいな態度になります。

こうなったところで、妥協すると良いでしょう。

スポンサーリンク

値切りの仕方2「芝居を打つ」

芝居を打つ。

ここから、英語ができなくても大丈夫なステージです。

どんな芝居を打つか?

2種類あります。

・お金がない芝居
・他店の商品と悩む芝居

芝居を打つといっても、適当な芝居で良いです。

<お金がない芝居>

「お金がない芝居」を打つなら、ブランド物は持たないようにしましょう。

バックパッカー風の衣類やバッグを身につけてる方が有利。

今、旅行資金を節約してて、お金がないから、値引きしてー!って感じで芝居してみましょう。

私は、この芝居やったことないです。
少しみっともないので。。

そんなプライド捨ててでも値引きに挑戦したい人は、トライしてみてください。

実際、白人のバックパッカーが、私の隣でやってました。笑

ちょっと引いた。

<他店の商品と悩む芝居>

「お金がない芝居」ができない人は、こっちにしましょ。

(※少し英語必要)

私は、こっちの芝居をよくやってます。

とりあえず、悩んでる商品を手に取ります。

他店に行ったり、戻ってきたりします。

店主に「あっちの店の商品と悩んでる旨」を伝えます。

ここから、値段交渉してください。

大抵、自分が思ってる値段で売ってくれます。

スポンサーリンク

値切りの仕方3「少しだけ上目遣いで」笑

これは、女子の常套(じょうとう)手段。

英語も、芝居もできないなら、「上目遣い」でいきましょう。

※そこまでして、値切りたい方限定。

シンプルに、上目遣いで、「自分が望む値段」を言いましょう。

それだけです。

簡単ですね。笑

値切り成功確率としては、60%です。

やる価値大。

店主が男の場合です。

ただ、これをすると、男が勘違いする場合があるので、気をつけてください。

私は、これでナンパされたので。

今までのナンパの中で、史上最強にドン引きした瞬間でした。

スポンサーリンク

注意すべき男:「値切った」罪悪感を利用するナンパ野郎

これは、素直で優しい日本人女子に多い。

「値切ってしまった」。。

この罪悪感を持つ、心根の優しい日本人女子が時々いる。

この罪悪感を利用して、ナンパしてくる男がいる。

これ、私が実際されたやつ。

妻子持ちのパキスタン人男だ。

マレーシアで値切った後、
「この後の予定は?」
「明日、ディナーでも行こう」
「ホテルはどこ?」
と聞かれた。

私は、笑顔でガン無視してやりました。

ホテル名なんか、お前に言うかっ!

「そんなキモ不貞男に騙されるわけないやろが、ナメとんか」って日本語で言ってやった。

通じないけど。笑顔でね。

あと、最後に英語で「奥さんと子供をディナーに連れて行ったれ!」って捨て台詞を吐いて、店を出た。

これだから、私は嫌われるんでしょう。笑

心根の優しい日本女子よ、
くれぐれも、
そんな男に騙されることなかれ。

スポンサーリンク

まとめ

以上。

私が、東南アジアへ1人旅に行く時、値切る方法でしたー。

毎回、値切ってたら、その人の顔つきとかで、値切れる人か、値切れない人か、見分けが付くようになってきます。

もちろん値切れないことも多々あります。

でも、値切り交渉に「挑戦すること」に意義があります。

それが旅の醍醐味です。

だから、みなさんも、東南アジアへ行ったら、絶対値切ってください。

8割、値切りに応じてくれますよ^^

なんの罪悪感も持たなくて大丈夫。

値切った後、男の誘いに乗るのだけは気をつけてくださいね。

ホテルの名前なんか絶対言っちゃダメ。

ではでは、この辺で。。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。


ブログランキング参加してます。よろしければ応援のほど、お願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました